症状の改善にスピリチュアルが必要な訳

2020/02/07 ブログ
logo

福岡市のヒーリング鍼灸院Lunaです。

 

私が最初に鍼灸を習い始めたときに、

体の気の流れを読む先生でした。

 

大阪では気功と鍼灸を組み合わせた

気功鍼が盛んですので、特別ではなかったの

ですが、福岡に来るとびっくりされました😅

 

鍼灸は古い治療方法ですので、

今よりスピリチュアルな考え方が

残っているように感じます。

 

鍼灸治療はスピリチュアルだなんて

思っていない方が多いですが、

目には見えない気というエネルギーを

扱っているので、私はそう考えています。

 

そう考えると、この症状は何が原因なのか?

と治療方針を立てるのに、選択肢がかなり

広がります。

 

 

体の疲れから来ているのか?

精神的なことから来ているのか?

外部からエネルギー攻撃を受けているのか?

自分で問題を作っているのか?

 

あらゆる可能性が見えてきます。

 

 

スピリチュアルが全てではなく、

いろんな角度から物事をとらえる事が

大切です。

 

例え原因がエネルギー攻撃だったとしても、

治療方針はリンパを流す事だったり、

お灸でお腹を温めることだったり、

気の流れを整えて外部の状況に左右されない

強い体を作ることが完治には必要なのです。

 

あくまで、問題の解決法を見つけるツール

なので、そこに重きをおきません。

 

 

また、エネルギー攻撃はしている側は

わかっていないことが多いので、

解決法としては自分が強くなる他ありません。

または自分で防御や払う方法を身につけるのか。

相手に注意しても言いがかりだと思われるだけ

ですし、その人間関係にも何かしらの

メッセージがあります。

そのメッセージを解決するために、

スピリチュアルは必要という訳です。

 

 

 

私は治療中によく患者様と話すのですが、

体だけの問題なのか

(一番軽度。鍼灸の得意分野)

 

体と精神の問題なのか

(現代では多い。話を引き出して発散も必要)

 

体と精神とその他の問題もあるのか

(重症の方に多い。本人にはどうしたらいいかわからない、もしくは気付いていない)

 

を見極めています。

一目でわかる場合は確認だけします。

(無言になることもあります)

 

声や話し方には、その方の特徴がでますので、

「聞診」といい、鍼灸師の治療方針を

立てる際の材料になります。

 

また、患者様自身にご自身のことを

理解してもらうのに、ボイススキャンを

併用していた時期もあります。

(私はできないので、他の方に依頼が必要です。ご興味ある方はお問い合わせください。)

 

正直楽でした❗

私の聞きたいことは全て出てましたので‼️

 

私が治療方針を立てるときは、

初対面の直感

情報を集める

情報を分析する

分析したときの違和感

が必要なので、情報を集めて分析してくれると

目的が絞れます。

 

ただ、皆様聞きたいことが多いので

時間がオーバーします(笑)

 

ご興味ある方は、お時間に余裕を持って

ご予約ください。

 

毎週木曜日は福岡市で開催できると思います。

(要予約です)